2種類の価格査定

2種類の価格査定

マンションの売却は、価格査定から始まります。
査定には「卓上査定」と「訪問査定」の2種類があります。
卓上査定は、周辺の売出事例や成約取引事例などを参考に、概算での査定価格を提示する方法です。
査定価格を短時間で知ることができるため、不動産会社に行く時間がない人に向いていますが、現地調査を行わないため、価格に誤差が生じることもあります。
訪問査定は、不動産会社の担当者が現地を訪問し、使用状況や敷地の状況、市場動向などから査定価格を提示する方法です。
現地調査は30分〜1時間程で、担当者に売却についての質問ができるため、売却活動をスムーズに進めるためにも必要です。
ただマンション売却の際は役所・法務局の調査を経るため、査定書が出るのは数日後になります。