ジェネリックを相談してみよう

ジェネリックを相談してみよう

ジェネリック、というワードがだいぶ浸透してきました。
日本語では後発医薬品と訳されるジェネリック医薬品は、有効性・安全性が実証されて来た新薬の特許が切れた後、別の製薬会社が同じ成分で製造した医薬品のことで、特許料が含まれない分割安になるクスリのことです。
医療費はできるだけ安くしたいとは誰もが考えること。実際にジェネリックを処方してもらうには、最も原則的には診察した医師にジェネリックで処方をお願いしたいと告げることが大事です。
その他に、処方箋を持って薬局に行った時に、薬剤師に、ジェネリックに変更できるものは変更したいと申し出ることです。
処方箋で「変更不可」となっているクスリでなければ、他のクスリとの効用のバランスも踏まえ、薬剤師が適切なジェネリック医薬品を出してくれます。