体調を崩して転職・退職をする場合

体調を崩して転職・退職をする場合

転職・退職を考えるようになるきっかけは、結婚をする・職場の人間関係の悪化・スキルアップを目指しているなど人によって様々です。
中には、体調を崩したことがきっかけとなっているケースも多くみられます。
体調を崩してしまう原因としては、残業が多いこと、部署の移動や人間関係によるストレス、体力が必要な職場でのケガなどがあります。
体調を崩したことで転職する場合、同じ理由で転職・退職を繰り返さないよう、体調が回復してから転職活動を始めることが大切です。
面接の際も、回復をアピールすることで採用されやすくなります。
退職する場合、医師の診断書を提出するかどうかで迷う人も多いようですが、会社側から求められたあとで提出する方法でも問題ないでしょう。