絶対に捺してはいけない印鑑…白紙委任状

絶対に捺してはいけない印鑑…白紙委任状

みなさんは白紙委任状という言葉を知っていますか。
字の如く白紙委任状とは、何も書かれていない真っ白な紙に「自分自身の名前(サイン)と印鑑」を押した物を指します。
実はこの白紙委任状は、非常に怖い物なのです。
仮に白紙委任状を誰かに渡してしまった場合、自分自身の全財産を失う可能性があることを認識する必要があります。
何故なら白紙委任状に何を書かれたとしても、「サインと印鑑」が捺されている限り契約が成立してしまうからです。
つまり「自分自身の全財産を〜氏に譲る」と明記されていれば、全財産は相手の物になってしまうのです。
当たり前のことかもしれませんが、くれぐれも白紙(委任状)に「サインと印鑑」を押すという行為はしてはいけません。